日テレNEWS
スポーツ
2022年7月2日 19:59

「ダブルプレー祭り」!? DeNA・浜口遥大 4回まで3つの併殺打でヤクルト打線封じる すでに両チーム合わせて6つの併殺打

「ダブルプレー祭り」!? DeNA・浜口遥大 4回まで3つの併殺打でヤクルト打線封じる すでに両チーム合わせて6つの併殺打
4回までに3つの併殺打を奪っているDeNA・浜口遥大投手(C)YDB

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(2日、神宮球場)

DeNA・浜口遥大投手が4回までにヤクルト打線から3つのダブルプレーを奪い、無失点に抑えています。

浜口投手は2回、3回と2イニング連続で先頭打者の出塁を許しますが、いずれもダブルプレーに打ち取ります。

4回にも山崎晃大朗選手にヒットを許しますが、続く山田哲人選手をセカンドへのダブルプレーに打ち取ります。これで3イニング連続3つ目のダブルプレーとなりました。

一方、DeNA打線も4回まで3つのダブルプレーを記録しており、4回までに両チーム合わせて6つのダブルプレーが出る試合展開となっています。

SNSでは「ダブルプレー祭りは楽しくないです」「今日はダブルプレーの応酬で試合の進みが早いです」「ハイライト全てダブルプレーのシーンw」といった声が上がっています。