×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【W杯】「ダンケ、ドイツ代表」スペイン紙がドイツ代表への感謝を見出しに ドイツの勝利で決勝Tへ

【W杯】「ダンケ、ドイツ代表」スペイン紙がドイツ代表への感謝を見出しに ドイツの勝利で決勝Tへ

2022年12月2日 13:31
【W杯】「ダンケ、ドイツ代表」スペイン紙がドイツ代表への感謝を見出しに ドイツの勝利で決勝Tへ
ドイツのハバーツ選手(写真:ロイター/アフロ)

◇サッカーFIFAワールドカップカタール2022 (11月20日~12月18日)グループリーグE 日本2-1スペイン

日本に敗れたスペインですが、同時刻に行われていたドイツーコスタリカ戦でドイツが勝利したため、決勝トーナメントに進むことになりました。

これにはスペインメディアのマルカが「ダンケ(ドイツ語でありがとう)、ドイツ代表」と見出しをとり、コスタリカ相手に2点をあげたドイツのカイ・ハバーツ選手への感謝をつづりました。その記事の中で「後半、スペインは破滅への道を歩み始めた。5分のうちに2点を献上し、ベンチもピッチもパニックに陥った」などと自国の代表を評価しました。

一方、大手メディアのアスは「サッカー界に衝撃:誰も日本のゴールが正当化されたのを理解できなかった」という見出しを掲載。日本の2点目について、「今大会、ここまでで最も物議を醸すプレイだ。スペイン代表は2点目がゴールだと誰も信じていなかった」などとしています。

▽以下、スペイン代表の日本戦後の取材から

ペドリ選手
「疲労とかが問題だったのではなく、日本はインサイドに人をさいて、プレッシャーをすごくかけてきていた。もっとボール回しをテンポよくすればよかった」
ブスケツ選手
「試合ではすごく嫌な感じはしていた。日本は僕らのパスを封じ込め、チャンスを作らせてくれなかった。次はモロッコとの試合だし、それも難しい試合になるとは思っている」
アスピリクエタ選手
「こんな敗戦の後は、気楽に構えるのなんて無理だけど、最大の自信を持って、次に向かわないと」
パウ・トーレス選手
「1番で通過していい気分を味わいたかったけど、後半はよくなかった。勝ちたかったけど、次に備えないと」