×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「日本は朝4時で早いですけど、みんなで応援して欲しい」東京五輪世代 W杯でスペイン撃破誓う

「日本は朝4時で早いですけど、みんなで応援して欲しい」東京五輪世代 W杯でスペイン撃破誓う

2022年11月30日 12:07
「日本は朝4時で早いですけど、みんなで応援して欲しい」東京五輪世代 W杯でスペイン撃破誓う
サッカー日本代表・相馬勇紀選手(左)、板倉滉選手(中)、上田綺世選手(右)
◇サッカーFIFAワールドカップカタール2022 (11月20日~12月18日)

日本時間2日の午前4時にグループリーグ最終戦のスペイン戦に挑むサッカー日本代表。現地29日、相馬勇紀選手、上田綺世選手、板倉滉選手が日本テレビのインタビューに応じました。

勝てば自力でグループリーグ突破、負ければ敗退、引き分けならコスタリカ対ドイツの結果に委ねられます。

3選手にとってスペインは東京五輪準決勝で対戦し、延長戦の末敗れた相手。

サイドアタッカーの相馬選手は「東京五輪ではアセンシオ(スペイン代表)の左足1本にやられたので、次は僕の右足1本でやり返したいと思っています。勝ってグループリーグ突破を決めたい」と話しました。

FWの上田綺世選手は「いろんな状況や局面を想定して残り2日しっかり準備したい。スペインがボールを握る時間はどうしても長くなると思うけど、その分スペースができると思うので、そこを生かして動き出しを生かしていければと思います。勝ってグループステージ突破を決めたいと思っているので、僕も強い気持ちで臨んでいきたい」とコメント。

そして2試合連続でセンターバックでスタメン出場している板倉滉選手は「あの時負けた悔しい思いは今でも持っていますし、素晴らしいワールドカップの舞台で借りを返したい。しぶとくまずは守ることが大事なってくると思う。スペインがボールを保持する時間は長くなるのは想定できているので、じれずに焦らず、そこからの攻撃でクオリティーを出していきたい。次の1試合で帰る気はないし、スペインを倒して決勝トーナメント進出したい。日本は朝4時で早いですけど、みんなで応援して欲しい」と話しています。