日テレNEWS
スポーツ
2022年4月17日 15:09

「不調か?」「日ハムすごい」ロッテ・佐々木朗希が25イニングで連続奪三振記録が途絶える それでも5回完全

「不調か?」「日ハムすごい」ロッテ・佐々木朗希が25イニングで連続奪三振記録が途絶える それでも5回完全
25イニング奪三振記録を達成したロッテ・佐々木朗希投手

◇プロ野球パ・リーグ  ロッテ-日本ハム(17日、千葉・ZOZOマリン)

前回の登板で完全試合を達成したロッテの佐々木朗希投手(20)。

3回表は、ヌ二エス選手をレフトフライ、宇佐見真吾選手をキャッチャーファウルフライ、淺間大基選手をレフトフライと三者凡退に打ち取りました。

しかしこのイニング奪三振はなし。オリックス・山本由伸投手と並ぶ25イニングで連続奪三振記録は途絶えてしまいました。

SNSでは“怪物”佐々木投手に対し「佐々木朗希3回は三振取れず不調か??」「バットに当てた日ハムすごい」「三振記録は途絶えたけど、完全試合は残ってるの怖い」といった声が上がっています。

佐々木投手は5回パーフェクトな投球で、史上初2試合連続完全試合達成の記録を残しています。