×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「捕るっていう感覚をなくす」侍ジャパン・門脇誠 苦手な逆シングルに井端監督から金言

「捕るっていう感覚をなくす」侍ジャパン・門脇誠 苦手な逆シングルに井端監督から金言

2023年11月8日 9:20
「捕るっていう感覚をなくす」侍ジャパン・門脇誠 苦手な逆シングルに井端監督から金言
ノックを受ける門脇誠選手
アジアプロ野球チャンピオンシップに出場する侍ジャパンの合宿2日目が7日に行われ、門脇誠選手が練習後、取材に応じました。

この日、現役時代に同じショートを守っていた井端弘和監督から小園海斗選手とともに直接指導を受けた門脇選手。

そのなかで、自身が苦手とする逆シングル捕球について指導を受けたことを明かし、「本当に今までは逆の投げ方でいた。どうしても力が入ってしまうので、そこをいろんな言葉で教えてくださったので、それがすごく自分なりに解釈したら良いかっていうところで」と井端監督からヒントを得たことを話しました。

なかでも「究極は捕るんじゃなくて、足が運んでそこにボールが入ってくる」という井端監督の言葉から、「捕るっていう感覚をなくすという言葉が『確かにな』って思いました。今までは捕りに行くシーンはあると思うんですけど、あんまり踏み込むっていうか、入ってくるっていう感覚はなかったので、それは非常に印象に残っています」と話しました。

また、井端監督は「本人は逆シングルが苦手みたいなんですけど、そういうふうには感じなかったですね。試合の時もそうですし、レギュラーシーズンを見てても、そういうふうには感じなかったなかでも、苦手だというところなので、向上心は高いなと思いました」と門脇選手を評価していました。

さらに、門脇選手は「本当に自分がうまくなるための場所だと思って来ていますし、もちろん監督やコーチの方々、選手も素晴らしい方々で、本当にいろんな勉強ができています」と振り返りました。