日テレNEWS
スポーツ
2022年5月19日 21:02

ヤクルト小川泰弘 7回被安打2・失点0の好投「攻めの投球を意識して」

ヤクルト小川泰弘 7回被安打2・失点0の好投「攻めの投球を意識して」
7回被安打2、失点0の好投をみせたヤクルト・小川泰弘投手

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-阪神(19日、神宮球場)

ヤクルトの先発・小川泰弘投手が7回被安打2、失点0の好投をみせマウンドを降りました。

この日、4回まで阪神打線を無失点に抑えていた小川投手。

5回もテンポ良く2アウトを奪いますが、阪神・坂本誠志郎選手に四球を許すと、続く近本光司選手にも四球を許してしまいます。

小川投手は2アウト1、2塁のピンチを背負いますが、その後は落ち着いた投球で中野拓夢選手を打ち取りピンチを切り抜けました。

その裏、チームメートの山田哲人選手がタイムリー2ベースを放ち援護点をもらうと、6回7回は3者凡退に抑える圧巻のピッチング。勝ち投手の権利を得てマウンドを降りました。

降板後、小川投手は「ストレートを中心に攻めの投球をすることを意識してマウンドにあがりました。ストレートでファウルも取れましたしシッカリ攻めることもできピンチもありましたが要所要所、丁寧に投げることが出来ました」とコメントしています。