×

【ヤクルト】逆転負けで連勝ストップ 村上宗隆が“4打席連続三振” 好投の吉村貢司郎は7回に崩れる

2024年6月11日 20:38
【ヤクルト】逆転負けで連勝ストップ 村上宗隆が“4打席連続三振” 好投の吉村貢司郎は7回に崩れる
ヤクルトの村上宗隆選手
プロ野球セ・パ交流戦 ソフトバンク4-2ヤクルト(11日、みずほPayPayドーム)

ヤクルトはソフトバンクに逆転負けし、連勝が2で止まりました。

先発の吉村貢司郎投手は、初回いきなりショートのエラーで周東佑京選手に出塁を許します。それでも直後に松本直樹選手が盗塁を刺し、立ち上がりは無失点。その後3回まで無安打投球をみせます。

打線は4回に先頭の西川遥輝選手が、ソフトバンク先発の有原航平投手からスリーベースヒットで、チーム初ヒットを記録。続く丸山和郁選手の内野安打でチャンスが拡大します。

得点機に3番の村上宗隆選手が三振。4番のサンタナ選手が四球を選び満塁としますが、山田哲人選手が三振で2アウトへ。それでも6番のオスナ選手が右中間へ2点タイムリーヒットを放ち、なんとかチャンスを生かしました。

援護を受けた吉村投手は、4回に初ヒットを浴びますが、栗原陵矢選手をファーストゴロでダブルプレー。さらに5回、6回といずれもランナーを出しましたが、3イニング連続の併殺でスコアボードに0を重ねます。

しかし7回連打でノーアウト1、2塁とされると、4番の山川穂高選手のタイムリーヒットで1点差へ。さらに続く近藤健介選手にも一二塁間を破るヒットを打たれ、4連打で追いつかれます。ヤクルトベンチは左腕の山本大貴投手に交代しますが、1アウト2、3塁から中村晃選手に勝ち越しの2点タイムリーヒットを浴び、逆転を許しました。

打線は4回の得点以降、7回に2安打を放ちますが、得点機を生かせず。9回は抑えのオスナ投手から2アウト2塁としましたが、得点は奪えませんでした。

この試合は3番の村上選手は4打席連続三振を記録。チーム全体としても11三振を数えました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ヤクルト】逆転負けで連勝ストップ 村上宗隆が“4打席連続三振” 好投の吉村貢司郎は7回に崩れる