×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【夏の甲子園】“大会屈指の好カード”も仙台育英が3回で9得点 尾形&湯田バッテリーが2者連続HR

【夏の甲子園】“大会屈指の好カード”も仙台育英が3回で9得点 尾形&湯田バッテリーが2者連続HR

2023年8月6日 19:07
【夏の甲子園】“大会屈指の好カード”も仙台育英が3回で9得点 尾形&湯田バッテリーが2者連続HR
仙台育英・尾形樹人選手(写真:日刊スポーツ/アフロ)
◇第105回全国高等学校野球選手権記念大会 1回戦 浦和学院(埼玉)-仙台育英(宮城)(6日、甲子園球場)

前回大会王者の仙台育英は1回戦で埼玉の強豪・浦和学院と対戦。3回に2者連続ホームランが飛び出すなど猛攻を浴びせ、仙台育英が3回までに大量得点を奪いました。

仙台育英は初回、2アウト2塁3塁のチャンスを作ると、5番・斎藤敏哉選手が当てた打球がファーストの前でイレギュラーし、2点を先制します。その後も鈴木拓斗選手と尾形樹人選手がタイムリーヒットを放ち、初回から4点を奪いました。

2回は無得点に終わったものの4-0の3回、仙台育英は再びチャンスを作るとゴロの間に1点を追加。

5-0とし、なおも2アウト2塁の場面で7番・キャッチャーの尾形選手が2球目のストレートを完璧に捉えます。高く上がった打球はライトスタンドに飛び込む2ランホームラン。この会心の当たりに尾形選手はガッツポーズを見せました。

さらに続くピッチャーの湯田統真選手も2者連続となるライトへのソロを放ち、3回に5点を追加。3回までで9得点をあげました。