日テレNEWS
スポーツ
2022年3月11日 11:24

巨人“将来のエース候補”堀田賢慎が支配下登録 鍬原拓也と増田陸も

巨人“将来のエース候補”堀田賢慎が支配下登録 鍬原拓也と増田陸も
支配下登録された巨人の堀田賢慎投手(左)、鍬原拓也投手(右上)、増田陸選手(右下)

プロ野球・巨人は11日、堀田賢慎投手(20)、鍬原拓也投手(25)、そして増田陸選手(21)の3人と支配下選手契約を結んだと発表しました。

背番号は堀田投手が「91」、鍬原投手が「46」、増田選手が「61」となります。

20年にトミー・ジョン手術を受けた堀田投手は9日のソフトバンク戦でも柳田悠岐選手らを相手取り、2回1安打無失点。“将来のエース候補”として名乗りを上げています。

鍬原投手は2020年に右肘の肘頭(ちゅうとう)骨折で手術を行いましたが、今年のオープン戦ではこれまで3試合に登板。2回1/3を投げ、2与四球、2三振、防御率は0.00の成績を残しています。

野手の増田選手はオフに坂本勇人選手と自主トレを行っていて、その時には坂本選手から、準備不足も指摘されていました。しかし、その後、オープン戦では原辰徳監督から「けれん味のない、本当にいいプレーをしている」などの評価を受けていました。