×

【バドミントン】桃田賢斗が1時間41分の熱闘で熊本マスターズ8強入り 最終G中盤の6点差をはね返す

2023年11月16日 19:58
【バドミントン】桃田賢斗が1時間41分の熱闘で熊本マスターズ8強入り 最終G中盤の6点差をはね返す
桃田賢斗選手(写真:AFP=時事)※写真は7月のジャパンOP
◇熊本マスターズジャパン2023 男子シングルス2回戦(16日、熊本県立総合体育館)

元世界ランキング1位の桃田賢斗選手(現41位)が16日、熊本マスターズジャパンのシングルスでベスト8入りしました。

今月12日に行われた韓国マスターズでは、2年ぶりの国際大会優勝。優勝の喜びもつかの間、桃田選手は中1日で熊本で始まった国際大会へ出場しています。

桃田選手は、14日に行われた予選2試合ともにストレート勝利し、予選を通過。さらに15日に行われた本戦1回戦では、世界ランキング9位のシンガポールの強敵に逆転勝利し、2回戦へ駒を進めました。

2回戦は、世界ランク28位のデンマークの選手と対決。桃田選手は、第1ゲームを先取しますが、第2ゲームを落とし、ゲームカウント1-1で第3ゲームを迎えます。

第3ゲーム序盤は両者譲らず点を取り合いますが、中盤に入り大きくリードを広げられ、一時は8-14と最大6点差に開きます。しかし、ここから桃田選手は持ち前の粘り強さを見せ、6連続得点で14-14に追いつくと、その後は試合を優位に進め、21-16で勝利。桃田選手は1時間41分の激闘を制し、ベスト8進出を進めました。

次戦は、世界ランク7位の中国・石宇奇選手との一戦となります。