日テレNEWS
スポーツ
2022年6月26日 17:11

「中日にも二刀流がいます」柳裕也 6回1死2塁から同点のピンチしのぎ7回3失点 打ってはヒット&追加点のホーム踏む

「中日にも二刀流がいます」柳裕也 6回1死2塁から同点のピンチしのぎ7回3失点 打ってはヒット&追加点のホーム踏む
6回に同点のピンチをしのぎ、7回にはヒットを放ち、追加点のホームを踏んだ中日・柳裕也投手

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場)

中日・柳裕也投手が6回、1アウト2塁と同点のピンチを無失点に抑え、7回の攻撃ではヒットを放ちました。

中日が1点リードで迎えた6回、柳投手は阪神・梅野隆太郎選手にヒットを許すと、北條史也選手に送りバントを決められ1アウト2塁と同点のピンチを招きます。

しかし、ここで柳投手はギアを上げ、中野拓夢選手を空振り三振、島田海吏選手をファーストファウルフライに抑え、このピンチを無失点で乗り切りました。

柳投手は2回以降ランナーを背負いながらの投球が続くも要所を締め、初回の3失点から得点を与えず、7回3失点で降板しました。

柳投手はバッティングでも7回、打席に入りツーベースヒットを放つと、その後の岡林勇希選手のタイムリーでリードを2点に広げる5点目のホームを踏んでいます。

SNSでは「中日にも二刀流がいます」「この1点は貴重」「柳さんナイスピッチ」などのコメントが寄せられています。