日テレNEWS
スポーツ
2022年5月7日 19:21

「もう横綱やん」ソフトバンク大関がプロ初完封勝利、2回途中から22人連続アウト ウイニングボールは「両親に」

「もう横綱やん」ソフトバンク大関がプロ初完封勝利、2回途中から22人連続アウト ウイニングボールは「両親に」
プロ初完封勝利を挙げたソフトバンク・大関友久投手

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク16-0ロッテ(7日、ZOZOマリン)

育成出身のプロ3年目、ソフトバンク・大関友久投手がプロ初完封勝利を挙げました。

先発のマウンドに上がった大関投手は初回、ヒットと四球で2アウト1、2塁のピンチを招きます。迎えるバッターは昨日タイムリーを放っている5番・菅野剛士選手でしたが、力のあるストレートでサードフライに仕留めます。

2回にも先頭バッターにヒットを許しますが、ここから大関投手の快投が始まります。150キロのストレートにキレのある変化球を織り交ぜ、2回1アウトから9回1アウトまで22人連続でアウト、ロッテ打線につけいる隙を与えません。

味方打線が大量16得点を奪い、「どんどん投げやすくなった」という大関投手。9回116球、わずか3安打に抑える好投で今シーズン3勝目、プロ初完投・初完封勝利を挙げました。

大関投手は、「(チームが連勝中で)すごく流れは良かったので、自分もそこに乗れるようにという気持ちで投げました。最初ちょっとばたついてたんですけど、1回から野手の方が点を取ってくれて楽に投げられたというのと、キャッチャーの甲斐さんに細かく声をかけていただいて自分なりにうまく修正できたかなと思います」とコメント。

初完封については、「9回は完封を狙っていこうと思った。ウイニングボールは両親に渡そうと思います」と、うれしそうに語りました。

SNSでは、「育成の星や」、「あっぱれだぁ」、「大関くん完封とか、もう横綱やん」と、喜びの声が寄せられています。