日テレNEWS
スポーツ
2022年3月19日 16:47

“初ヒットから一気に猛打賞” 西武新外国人・オグレディ 右へ左へ広角に放つ

“初ヒットから一気に猛打賞” 西武新外国人・オグレディ 右へ左へ広角に放つ
来日初ヒット・初打点と3安打猛打賞の西武・オグレディ選手

◇プロ野球オープン戦西武-ヤクルト(19日、埼玉・ベルーナドーム)

2番・センターで出場した西武の新外国人ブライアン・オグレディ選手がヒットを量産しました。

オグレディ選手は昨季ダルビッシュ有投手と同じサンディエゴ・パドレスに在籍し、中距離ヒッターとして期待されています。

1打席目では、自らの長所と語る“コンパクトなスイング”で外角低めのストレートをレフト前ヒット。

2打席目には内角のストレートを引っ張り、ライト前ヒット。

そして4回2アウト1塁で迎えた第3打席には、外角高めのボールを逆らわずに左中間へタイムリーツーベース。来日初打点を記録しました。

右に左にと打ち分ける“広角なバッティング”を見せ4打数3安打で猛打賞と、開幕へ向け結果を残しました。

オグレディ選手は初打点を記録した3打席目について「ランナーがいる場面だったし、甘い球をしとめる意識で打席に入った」と話しています。

SNSでは「オグレディさん素晴らしすぎた」「オグレディ2番めちゃよくね?」「山賊打線復活の兆しにドキドキが止まらない」とコメントが寄せられています。