×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ラグビーW杯】中10日でのサモア戦に「試合に飢えている」と大西将太郎 過去大会では中3日の試合も

【ラグビーW杯】中10日でのサモア戦に「試合に飢えている」と大西将太郎 過去大会では中3日の試合も

2023年9月28日 16:02
【ラグビーW杯】中10日でのサモア戦に「試合に飢えている」と大西将太郎 過去大会では中3日の試合も
姫野和樹選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
日本時間29日午前4時にサモア戦を控えるラグビー日本代表。

前回のイングランド戦から10日もの間隔が空くことについて、元日本代表の大西将太郎さんは「なかなか10日の間隔(が空く経験)はないと思うんですけど、その10日間によって非常にリラックスもできたと思いますし、逆に試合に飢えていると思う」と語ります。

今回、チリ戦は10日、イングランド戦は17日、サモア戦は28日、アルゼンチン戦は10月8日と、最低でも中6日のスケジュールで予選プールを戦う日本代表。
※全て現地の日付

大西さんは続けて「僕が出た2007年のときは中3日とかありましたし、その中で肋骨を折って試合に出ましたので、そういう時代もありました」と驚きのエピソードも披露しました。