日テレNEWS
スポーツ
2021年10月26日 22:42

ヤクルト高津監督「悔しさを持って戦った」

ヤクルト高津監督「悔しさを持って戦った」
(c)NNN

◇プロ野球ヤクルト5-1DeNA(26日、横浜スタジアム)

6年ぶり8度目のリーグ優勝を決めたヤクルト・高津臣吾監督が優勝監督インタビューで喜びと感謝を語りました。

※以下、全文です。

――胴上げで宙に舞った気分はどうですか?

開幕してからここまで色んなことがあったので、今はホッとした気分です。選手が頑張ってくれた成果だと思います。気持ち良く胴上げされました。

――阪神の結果を待っていましたが?

まずは我々が勝つことが一番だと思っていました。確かに阪神の勝敗は気になりましたが、今年を象徴するような打線のつながりと良いピッチャーのつなぎと、良い形で今日の試合を取れたのが良かったと思います。

――優勝決まった後、選手たちにどんな声をかけましたか?

本当におめでとうと言いました。選手の頑張りが全てなので、心から本当におめでとうと言いました。

――先発陣、リリーフ陣よく投げた1年だったと思いますが。

よく打線が注目されますが、先発投手からリリーフまで、ここ数年から今年にかけて力がアップしたのが今年勝てた要因だと思います。もちろんチーム一丸となって、打線も投手もしっかりつないでいく野球ができたと思います。

――2年連続最下位からの優勝。選手たちの成長をどう感じていますか?

キャンプの前日に2年連続最下位の悔しさを持って入っていこうと話をしました。首位に立つ時間は1か月ほどと短く、悔しいスタートとなりましたが、その悔しさを胸に持って、選手が一生懸命戦った成果だと思います。

――シーズン中に選手に伝えた「絶対大丈夫」というメッセージ。待っていたファンに向けてお願いします。

絶対大丈夫です。絶対何があっても崩れることはありません。ありがとうございました。

――次は2001年以来、20年ぶりの日本一の挑戦です。この後の戦いに向けての決意をお願いします。

今は勝ったばかりで、その先のことは考えられませんが、このチャンスは絶対逃すものではないと思っています。我々の野球をこれからも引き続きやっていきたいと思います。