×

吉田正尚がオープン戦初のマルチ安打 OP戦17試合で打率.239も3試合連続安打で復調の兆し

2024年3月25日 15:34
吉田正尚がオープン戦初のマルチ安打 OP戦17試合で打率.239も3試合連続安打で復調の兆し
レッドソックスの吉田正尚選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
MLBオープン戦 レッドソックス5-5ブレーブス(日本時間25日、ジェットブルー・パーク)

レッドソックスの吉田正尚選手がブレーブスとのオープン戦に「7番・レフト」でスタメン出場。2打数2安打1打点1四球を記録しました。

吉田選手は先頭で迎えた2回の第1打席、外角のボールをライト前に運びヒットを放ちます。

続く、4回の第2打席では四球を選んだ吉田選手。

第3打席は、2点を追う5回。2アウト1、3塁のチャンスの場面で巡ってきます。すると、カウント1-0から甘く入った球をセンター前へ打ち返すタイムリーヒット。

吉田選手はこの日、オープン戦初のマルチヒットをマークするなど2打数2安打1打点。

オープン戦の成績は17試合に出場、打率.239、1本塁打、4打点と苦戦していますが、ここにきて、3試合連続安打を記録するなど、調子をあげてきています。

試合は、レッドソックスが7回に追いつき、引き分けに終わっています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 吉田正尚がオープン戦初のマルチ安打 OP戦17試合で打率.239も3試合連続安打で復調の兆し