×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ウクライナ出身の競泳選手がロシアの国旗を踏みつけた写真投稿 国際連盟は「品位と尊厳を」と呼びかけ

ウクライナ出身の競泳選手がロシアの国旗を踏みつけた写真投稿 国際連盟は「品位と尊厳を」と呼びかけ

2022年3月30日 17:00
ウクライナ出身の競泳選手がロシアの国旗を踏みつけた写真投稿 国際連盟は「品位と尊厳を」と呼びかけ
ロシア国旗を踏みつけた写真を投稿したウクライナ出身のビクトリヤ・ギュネシュ選手(写真:ロイター/アフロ)

ウクライナで生まれたトルコ代表のビクトリヤ・ギュネシュ選手が、自身のインスタグラムで、ロシアの国旗を踏みつけていた写真をストーリーに掲載したことを受けて、FINA(国際水泳連盟)が「品位と尊厳を持って行動する」よう選手らに呼びかけました。

ギュネシュ選手は生まれてからジュニア時代までウクライナで活動。その後はトルコ競泳代表として活動しています。

問題となった写真は24時間で消えるインスタグラムのストーリーに投稿されていて、ロシア国旗を踏みつけた人物の足もとを写した写真で、その人物がギュネシュ選手かどうかも分かっていません。

海外の水泳専門メディアによるとロシアの選手からは「アスリートの行動はどこまで許容されるのか」、「ロシアの選手を大会出場禁止にするなら、この行動も取り締まって」という声や「ナショナリズムはどんな形でも許容されるべきではない」といった声があげられています。