日テレNEWS
スポーツ
2022年5月27日 20:17

「佐々木朗希がチート過ぎる」阪神チャンスも4番・佐藤輝明が空振り三振 2打席連続チャンスで凡退

「佐々木朗希がチート過ぎる」阪神チャンスも4番・佐藤輝明が空振り三振 2打席連続チャンスで凡退
6回、先制のチャンスでロッテ・佐々木朗希投手の前に三振に倒れた阪神の4番・佐藤輝明選手

◇プロ野球セ・パ交流戦 ロッテー阪神(27日、ZOZOマリン)

阪神は今シーズン5勝0敗の佐々木朗希投手と対戦しました。

5回まで両チーム無得点で試合は進み6回、阪神は2番・中野拓夢選手がヒットで出塁します。さらに盗塁と内野ゴロで佐々木投手から2アウトながら3塁のチャンスを作ります。

この場面で4番・佐藤輝明選手を迎えます。佐藤選手は佐々木投手の前に第1打席は三振、第2打席はセカンドゴロとなっていました。

先制のチャンスとなった第3打席でしたが佐々木投手の145キロのフォークで空振り三振に倒れました。

阪神ファンはSNSで「佐藤輝明を叩く気は全然してない。打てる球投げてくれないもん」「佐々木朗希がチート過ぎるだけ」と佐々木投手に脱帽しました。