×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「全盛期に近い」一戸誠太郎が国内新記録で優勝 “特別なタイム”に喜び爆発【スピードスケート距離別選手権 男子1500m】

「全盛期に近い」一戸誠太郎が国内新記録で優勝 “特別なタイム”に喜び爆発【スピードスケート距離別選手権 男子1500m】

2023年10月22日 7:30
「全盛期に近い」一戸誠太郎が国内新記録で優勝 “特別なタイム”に喜び爆発【スピードスケート距離別選手権 男子1500m】
スピードスケート・一戸誠太郎選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
◇全日本スピードスケート距離別選手権大会(21日、長野市エムウェーブ)

スピードスケートの一戸誠太郎選手(27)が、男子1500メートルで国内新記録を達成しました。

一戸選手の2組前に山田和哉選手が大会記録を出し、「緊張というよりは逆に燃えて気持ちが昂った」という一戸選手。

レースを終えて、これまでの国内新記録を更新する1分44秒72のタイムを見た瞬間には、大きな雄たけびを出し喜びを爆発させました。

会心のレースに「全盛期に近い状態」と手応え十分。「1分44秒台というのは特別な、だいぶ出ないと思っていたタイム。こみあげるものがあって心からの雄たけびが溢れました」と笑顔でを振り返りました。