×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 村上宗隆「今年はバットを重くする。理由は秘密です」高橋由伸が自主トレを観察 高めを振り続ける打撃練習

村上宗隆「今年はバットを重くする。理由は秘密です」高橋由伸が自主トレを観察 高めを振り続ける打撃練習

2023年1月15日 0:10
村上宗隆「今年はバットを重くする。理由は秘密です」高橋由伸が自主トレを観察 高めを振り続ける打撃練習
ヤクルト・村上宗隆選手(左)と高橋由伸さん(右)
昨季プロ野球にて、史上最年少22歳での3冠王を達成したヤクルトの村上宗隆選手。14日放送の日本テレビ「Going!Sports&News」では、元巨人の高橋由伸さんが村上選手の自主トレを訪れました。

本格始動となったこの日、室内のバッティング練習では、ティースタンドを高く設置し片手でバットを振り続けました。

この練習の意図について高橋さんは「高めを打つ時はバットがトップから最短距離を打つことになり、バットの軌道がしっかりする。片手で持つことでバットに重みを感じるので、より意識する。変な軌道を覚えないようにしていると思う」と話しました。

新年本格始動から軽快な動きの村上選手に感心する様子を見せた高橋さん。村上選手は「毎年トレーニングで体を作って、1月にしっかりバットを振れる状態に仕上げているつもり。(去年は忘れて)1月のバッティングは0の状態に戻しています」と話しました。

また高橋さんから「今季打撃面で変えていきたいことは?」と聞かれると「バットを重くしようかな」と話した村上選手。その理由については「秘密です(笑)。テレビの前ですので…」とコメント。

取材を終えた高橋さんは、バットを重くする理由を分析。

「WBCもあるので、海外の選手たちと今年は多く戦う。昔僕も若い時に経験したところでは、海外のピッチャーのボールが重く感じて球威に押し負けることがあった。もしかしたらそういったことに対応するためかもしれません」

すでに侍ジャパンのメンバー入りをしている村上選手。初めてのWBC出場へ着々と準備を進めています。