日テレNEWS
スポーツ
2022年5月28日 14:36

阪神が初回に3点先制 今季交流戦初の複数得点にファンは「感動」「信じない」

阪神が初回に3点先制 今季交流戦初の複数得点にファンは「感動」「信じない」
初回に交流戦5戦目で初の複数得点をあげた阪神

◇プロ野球セ・パ交流戦 ロッテー阪神(28日、ZOZOマリン)

阪神が初回から今シーズン交流戦で初の複数得点を奪い、リードしています。

阪神は初回、1番・近本光司選手がフォアボール、2番・中野拓夢選手が内野安打でノーアウト1塁2塁のチャンスを作ります。

この場面で3番・大山悠輔選手がライトへのタイムリーツーベースヒットを放ち先制に成功しました。

さらにノーアウト2塁・3塁で続く4番・佐藤輝明選手がセンターへの犠牲フライを放ち追加点。

その後2アウト3塁となり6番・糸原健斗選手が右中間を破るタイムリーツーベースヒット。

阪神はこの回一挙3得点を奪い、今シーズンの交流戦5戦目で初となる1試合複数得点となりました。

阪神ファンはSNSで「複数得点取れていることに感動」「初回から複数得点するとか信じないぞ」とコメントが寄せられました。