×

巨人・中田翔の怪物伝説! 大阪桐蔭高校時代の先輩が明かす 入学直後に推定140mホームラン

2022年8月22日 11:30
巨人・中田翔の怪物伝説! 大阪桐蔭高校時代の先輩が明かす 入学直後に推定140mホームラン
中田翔の怪物伝説!大阪桐蔭の先輩が明かす
巨人軍「第91代4番」中田翔選手のこれまでの軌跡を日本テレビの番組「サンデーPUSHスポーツ」が独自取材すると、中学・高校時代の数々の伝説が明らかになりました。

中田選手が所属した広島鯉城リトルシニアの國吉和夫副会長によると、中学校に入学してすぐの公式戦で4打席連続の場外ホームランを放ったといいます。また、その飛距離は推定140mで、球場の奥にある神社の屋根を直撃。壊してしまい、弁償したという伝説が残っていました。

さらに、大阪桐蔭高校時代の1学年先輩、謝敷正吾さんにも中田選手の怪物伝説について取材。

高校入学前に中田選手が学ランに革靴という格好で大阪桐蔭高校のマウンドに立ち、試しに投球してみるという出来事があったそうです。

当時の謝敷さんは「スゴいとはいえ中学生レベルだろう」と思っていました。しかし、投げたボールは、なんと140キロを計測。この1球を見た瞬間に謝敷さんは「即レギュラーだな」と確信したといいます。

そして、高校入学直後の4月の練習試合では推定140mのホームランを放ち、謝敷さんが予感した通り、中田選手は即レギュラーに抜てきされました。バッティング練習では中田選手が打球を飛ばしすぎるので、場外にも守備をつけていましたが、その守備のはるか上を越える規格外のパワーで怪物ぶりを発揮しました。

そんな中田選手も苦戦したという大阪桐蔭伝説の練習メニューが「ポーポー」と言われるポール間走。ライトからレフトのポール間を往復するランニングメニューで、本数を重ねるごとに設定タイムが短くなる地獄の練習。大阪桐蔭時代の過酷な練習も経て、今の中田選手の活躍につながっています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人・中田翔の怪物伝説! 大阪桐蔭高校時代の先輩が明かす 入学直後に推定140mホームラン