×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「金メダルはやっぱり重い」 スキージャンプ小林陵侑がメダルセレモニーに出席 喜び語る

「金メダルはやっぱり重い」 スキージャンプ小林陵侑がメダルセレモニーに出席 喜び語る

2022年2月8日 22:54
「金メダルはやっぱり重い」 スキージャンプ小林陵侑がメダルセレモニーに出席 喜び語る
メダルセレモニーに出席した小林陵侑選手 (写真:AFP/アフロ)
8日、メダルセレモニーが行われ、スキージャンプ男子ノーマルヒルで金メダルに輝いた小林陵侑選手が出席しました。

小林選手は、6日に行われたスキージャンプ男子ノーマルヒルで長野五輪以来24年ぶりとなる金メダルを獲得。メダルセレモニーでは、名前が呼ばれると笑顔で壇上に飛び乗り、両腕を突き上げました。


以下、メダルセレモニーを終えた直後の小林選手のコメント

――実際に金メダルを手にして

「やっぱり重かったですね」

――オリンピックの金メダル、今まで手にしたものと違いは?

「どれもうれしいですけど、やっぱりオリンピックっていう試合は色々な人が応援してくれていたので、その分の重みも大きかったかなと思います」

――長野五輪以来の金メダルですが?

「いやー、なんかあんまり想像つかないですけど、すごくうれしいですし、またジャンプが盛り上がっていけばいいんじゃないかなと思います」

――金メダルをとってからの反響は?

「大きいですね、やっぱり金メダルということもあって大きいです」

――ラージヒルへ意気込みを

「ラージヒルでもビッグジャンプをして、金メダルを目指したいと思います」