日テレNEWS
スポーツ
2022年7月16日 22:02

「好敵手だな」DeNA・今永と同学年ドラ1対決のヤクルト・原樹理 大学時代のライバルの前でピンチをしのぐ

「好敵手だな」DeNA・今永と同学年ドラ1対決のヤクルト・原樹理 大学時代のライバルの前でピンチをしのぐ
7回2アウト1、2塁のピンチをしのいだヤクルト・原樹理投手

◇プロ野球セ・リーグ DeNAーヤクルト(16日、横浜スタジアム)

ヤクルトの原樹理投手は同点で迎えた7回裏、柴田竜拓選手にレフトへのヒットを許すと、その後フォアボールを与え2アウト1、2塁のピンチとなります。しかし、一打勝ち越しの場面で牧秀悟選手をショートゴロで抑え、大ピンチをしのぎました。

この前の6回表には、大学時代は同リーグ、同学年でドラ1の原投手にとって最大のライバルである今永昇太投手が、2アウト満塁の場面を熱のこもった投球で無失点に抑えていました。

この原投手と今永投手の熱戦に「さすが同期ライバル対決」「いい投げ合いだった」「何だかんだ原樹理今永は好敵手だな」とファンも盛り上がりを見せました。