×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 中日・高橋宏斗「あそこはちょっと僕も指導しておきます(笑)」先輩を軽快にいじる ピッチングは自己最多7勝目も反省を口に

中日・高橋宏斗「あそこはちょっと僕も指導しておきます(笑)」先輩を軽快にいじる ピッチングは自己最多7勝目も反省を口に

2023年9月23日 19:30
中日・高橋宏斗「あそこはちょっと僕も指導しておきます(笑)」先輩を軽快にいじる ピッチングは自己最多7勝目も反省を口に
6回のピンチを切り抜けた高橋宏斗投手
プロ野球セ・リーグ 中日4-3DeNA(23日、横浜スタジアム)

中日の高橋宏斗投手が6回102球1失点の力投で今季7勝目を手にしました。

この日は最初の打席で自らを援護。2回ノーアウト満塁のチャンスでは「打席に入る前にどっちか絞って行けと言われたので、初球ストレートをファウルしたあとチェンジアップ張っていました」とニヤリ。DeNAの浜口遥大投手からセンター前へヒットを放つと、センターから3塁への送球が大きくそれ、2塁ランナーもホームへ。2点の先制点をもたらしました。

ヒーローインタビューでは、このときの2塁ランナー木下拓哉選手の走塁に言及。「木下さんが想像の5倍スタートが遅くて危なかったんですけれど、あそこはちょっと僕も指導しておきます(笑)」と先輩を軽快にいじり、スタンドからは笑いがこぼれました。

一方ピッチングは3回まで無安打投球も、4回以降は一転して毎回ランナーを背負う展開。6回には2本のヒットで2アウト1、3塁のピンチを招くも、バックの好守に救われ無失点。マウンド上で喜びを爆発させました。

高橋投手は投球を振り返り、「本来だと7、8回と行かないといけないところなんですけれど、100球が来てしまいましたし、まだまだ反省が多く残るピッチングだった」と口にします。

それでも6回102球を投げ最少失点でしのぎ、自己最多の7勝目を手にした右腕は「同級生に9勝を挙げている投手がいるので、そこに負けないように頑張りたい」とコメント。同じプロ3年目、21歳のオリックス山下舜平大投手がすでに9勝を挙げており、同学年の活躍には闘志をみなぎらせました。