日テレNEWS
スポーツ
2022年7月12日 20:33

阪神・リリーフ陣が好投 継投はまり6回、7回と三者凡退に抑える

阪神・リリーフ陣が好投 継投はまり6回、7回と三者凡退に抑える
共に3者凡退に抑えた阪神・岩貞祐太投手(左)浜地真澄(右)

◇プロ野球セ・リーグ 阪神-巨人(12日、甲子園球場)

阪神は6回に岩貞祐太投手、7回に浜地真澄投手が登板。ともに三者凡退で抑えるピッチングを見せました。

4点ビハインドの阪神は6回に岩貞投手が登板。スライダーとストレートを上手く織り交ぜ、八百板卓丸選手から空振り三振を奪います。続く3番・丸佳浩選手と4番・岡本和真選手をライトフライに打ち取りました。

7回からマウンドに上がったのは浜地投手。ストレートとパームでこの日ホームランを放ったポランコ選手を3球三振に。続く打者に対してもストレートを中心に投げ、ライトフライ、見逃し三振と三者凡退の好ピッチングを見せました。

SNSでは「勝ちを引き寄せるかのような阪神の中継ぎ」「阪神がひっくり返しそうやな」といったコメントが寄せられています。