×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 菊池雄星自身メジャー初の10勝目 6回に左首押さえ降板 球団は『僧帽筋の痙攣』と発表

菊池雄星自身メジャー初の10勝目 6回に左首押さえ降板 球団は『僧帽筋の痙攣』と発表

2023年9月20日 10:53
菊池雄星自身メジャー初の10勝目 6回に左首押さえ降板 球団は『僧帽筋の痙攣』と発表
左の首辺りを押さえる菊池雄星投手(写真:AP/アフロ)
MLB ブルージェイズ 7-1 ヤンキース(日本時間20日、ヤンキー・スタジアム)

ブルージェイズの菊池雄星投手が10勝目をかけ、ヤンキース戦に先発登板しました。

初回、アーロン・ジャッジ選手にヒットを浴び、1アウト1塁の場面でグレイバー・トーレス選手にタイムリーヒットを放たれ得点を許します。

2・3回はヒットを許しながらも2塁は踏ませず切り抜けると、4・5回はそれぞれ三者凡退に抑えました。

6回、先頭を四球で出塁させると、ここで降板。左肩から首の辺りを押さえ、気にしているようでした。その後の球団の発表によると、菊池選手は『左上部僧帽筋の痙攣(けいれん)』により緊急降板したということです。

菊池投手は5回0/3を投げ、7奪三振1失点の好投。

ブルージェイズ打線も菊池投手を後押しし、初回にジョージ・スプリンガー選手のホームランで先制。その後同点に追いつかれますが、4回にキャバン・ビジオ選手のタイムリーで勝ち越し、5回にボー・ビシェット選手の2ランホームランで差を広げました。

菊池投手降板後の9回にも、アレハンドロ・カーク選手の2ランホームランなどでリードを広げたブルージェイズは7-1で勝利。菊池投手は自身メジャー初の10勝目を挙げました。