日テレNEWS
スポーツ
2022年5月28日 19:21

自己ワースト9失点の広島・森下暢仁が炎上にファンも心配「パ・リーグこわ」

自己ワースト9失点の広島・森下暢仁が炎上にファンも心配「パ・リーグこわ」
自己ワーストの9失点の広島・森下暢仁投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 ソフトバンク11ー1広島(28日、PayPayドーム)

ソフトバンク戦に先発出場した、広島・森下暢仁投手。6回途中まで投げ、ホームラン3本を打たれるなど、9失点で今シーズン2敗目を喫しました。

森下投手は初回、ソフトバンク打線を3者凡退に抑え、順調な立ち上がりを見せます。

しかし、2回にそのソフトバンク打線に捕まります。先頭バッターのグラシアル選手にレフトオーバーのヒットを打たれるなど、1アウト2塁・3塁で打席には、ソフトバンク柳町達選手。

森下投手は打者の背中をすり抜けるほどの暴投をしてしまい、同点に追いつかれます。さらに、柳町選手にタイムリーを打たれ、1-2と逆転されます。

この回なおもピンチが続き、ソフトバンク・初スタメンの渡邉陸選手と、牧原大成選手にホームランを打たれ、この回一挙6点を献上します。

4回にも渡邉選手に2打席連続となるホームランを浴びるなど、この日9失点の森下投手。

6回途中まで投げ、打者29人に、被安打8、3本塁打、9失点でマウンドを降りました。

森下投手の9失点は自己ワーストとなりました。

広島打線も初回以降得点を奪えず、11-1で敗れ、交流戦3連敗です。

森下投手の大量失点にファンからは、「なにがあった?」「森下くんが9失点!?パ・リーグこわ」「森下暢仁君のメンタルが心配です」と、心配の声があがっています。