×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ベストナイン】セ・リーグ 阪神・DeNAから最多3人が選出 プロ7年目・大山悠輔ら4人が初選出

【ベストナイン】セ・リーグ 阪神・DeNAから最多3人が選出 プロ7年目・大山悠輔ら4人が初選出

2023年11月28日 5:35
【ベストナイン】セ・リーグ 阪神・DeNAから最多3人が選出 プロ7年目・大山悠輔ら4人が初選出
セ・リーグのベストナイン
日本野球機構(NPB)は27日、プロ野球担当記者の投票で決まる「2023年度ベストナイン賞」を発表しました。

セ・リーグで初受賞は4人。日本一を遂げた阪神から一塁手・大山悠輔選手、遊撃手・木浪聖也選手が選出。さらに、DeNA・東克樹投手と広島の外野手・西川龍馬選手が選出されました。

チーム別で見ると最多は阪神とDeNAの3人、その他、巨人・広島・中日から1人ずつが選出されました。一方、昨年度は3人選出されたヤクルトからの選出はありませんでした。

【セ・リーグのベストナイン】
<投手>
東克樹(DeNA・初受賞)

<捕手>
大城卓三(巨人・3年ぶり2回目)

<一塁手>
大山悠輔(阪神・初受賞)

<二塁手>
牧秀悟(DeNA・2年連続2回目)

<三塁手>
宮崎敏郎(DeNA・5年ぶり3回目)

<遊撃手>
木浪聖也(阪神・初受賞)

<外野手>
近本光司(阪神・3年連続3回目)
西川龍馬(広島・初受賞)
岡林勇希(中日・2年連続2回目)