×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【オリックス】3回の猛攻で先発・山岡泰輔に大量7点の援護も5回投げきれず 2勝目は“おあずけ”に

【オリックス】3回の猛攻で先発・山岡泰輔に大量7点の援護も5回投げきれず 2勝目は“おあずけ”に

2023年7月9日 16:45
【オリックス】3回の猛攻で先発・山岡泰輔に大量7点の援護も5回投げきれず 2勝目は“おあずけ”に
オリックス・山岡泰輔投手
プロ野球パ・リーグ オリックス西武(9日、京セラドーム)

3回裏、オリックスが30分ほどの猛攻で7得点し、先発・山岡泰輔投手に大量援護点を与えるも、山岡投手は4回と2/3で降板。2勝目の権利は得られませんでした。

西武に先制のホームランを許した直後の3回裏。1アウト1・2塁の場面で3番・紅林弘太郎選手が西武の先発・松本航投手の3球目・カーブを右中間への3塁打とし、2得点で逆転。

この攻撃を皮切りに、1アウト1・3塁から5番・セデーニョ選手がレフトへの3ランホームラン。さらに8番・野口智哉選手がライン際を抜けるライトへの2塁打を放ちます。相手のエラーも絡み、四球1、ヒット6本で7得点と打者一巡以上の猛攻。山岡投手への大きな援護点となります。

しかし、5回。山岡投手は西武の先頭打者・古賀悠斗選手に四球で出塁を許すと、9番・蛭間拓哉選手に初球をレフトへのヒット、1番・源田壮亮選手のセンターへの安打を許し、ノーアウト満塁のピンチを招きます。

その後、2番・岸潤一郎選手からセンターへの犠牲フライ、5番・佐藤龍世選手からレフトへの2点タイムリーを浴び、4回と2/3でマウンドを降ります。

大量援護点をもらったものの、5回を投げきることが出来なかった山岡投手。2勝目の権利を得ることはできず、“おあずけ”となりました。

これに対してSNSでは、「援護もらってもやっぱり山岡厳しいのか」「監督も山岡に勝ちつけたかったんだろうなと感じるからこそ切ない、、」「山岡くんマジでもったいないなぁ」などの声が寄せられています。