×

十八親和銀行 NISA口座数全国の地銀中4位 株価高騰で新NISA関心高く投資ブーム《長崎》

2024年2月27日 20:55
十八親和銀行 NISA口座数全国の地銀中4位 株価高騰で新NISA関心高く投資ブーム《長崎》

史上最高値の更新を続ける東京株式市場の日経平均株価。県内でも投資への関心が高まっています。

県内の金融機関でも問い合わせなどが増えているということです。

27日、島原高校で開かれた金融教育の出前授業。

(メットライフ生命 藤田 市郎さん)
「日本人は株式や投資ハイリスクハイリターンのものに投資するのが18%、アメリカ人は47%。この違いが一番の大きな要因」


大手保険会社メットライフ生命の担当者を講師に、お金の役割や投資や株式といった資産形成などを学びました。

(高校1年生)
「アメリカの株式の割合が高かったのは知らなかったので驚いた」
「お金は自分の将来に投資したい。貯金して大学資金にしたい」
「自分でお金を管理するのはきついかなと思うので、家族にやってもらいたい」

「(投資に興味はある?)ある。でもこわい」
「今は株が上がっているので投資、株はいいと思うが、私が大人になった時代はどうかなと(不安)」

先週、バブル期に記録した終値をおよそ34年ぶりに更新し3万9000円台まで上昇した株価。(3万8915円)
最高値の更新は今週に入っても続いていて市場では、4万円台突入に期待する声も。投資への関心が高まっています。

(50代 男性)
「株はやっている。やっていた方が少しずつ上がってはきている。銀行に預けるよりは」「友人から勧められて」

(50代 夫婦)
「今、銀行に預けてもほとんど利息が付かないし」
「将来の夢というか楽しみ」

なかでも今、注目されているのが。
少額投資非課税制度=NISAです。

(30代 男性)
「新NISAはこの前始めたが、NISAも5年くらい前からやっている」「資産形成です」

十八親和銀行でも、株価が上昇を始めた去年初め頃から投資に関する問い合わせが増えているといいます。
株式や投資信託などを運用して、売却したり配当を受けたりする場合、通常およそ20%の税金がかかりますが、NISA専用口座で取引すると一定額まで非課税に。

十八親和銀行は全国の地銀の中でもこの専用口座の開設数が4位と好調だそうで、ここ数年は、年間1万口座ほど増加しているといいます。

(十八親和銀行営業推進部田中 寛将 副調査役)
「NISAを活用したいという相談を数多くいただいていて、実際にNISA口座開設数も新NISA開始前の1.6倍になるなど関心の高さを感じる」

今年1月からは限度額が引き上げられ、非課税の期間を無期限とする「新NISA」がスタート。
十八親和銀行では20歳から59歳までのいわゆる「現役層」の口座開設も増えているそうです。

NISAのほかにも掛け金を自分で運用しながら老後に向けての資産形成をする個人型確定拠出年金=iDeCoの問い合わせも多く担当者は「目的に合った使い分け」や「リスクを理解した上での投資」を呼びかけます。

( 十八親和銀行営業推進部田中 寛将 副調査役)
「どちらの制度も非課税枠に上限があるので、運用の目的や必要な資金に応じて、運用の方法を考えていくことが必要」「投資は高いリターンが得られる可能性がある一方で、リスクも伴う。長い目で資産運用を考える重要性を伝えている」

■島原高校の授業
金融リテラシープロジェクト
正しい知識を特に若い世代に身に付けてもらおうと県や金融機関、生命保険会社などは去年秋から、「金融リテラシー向上プロジェクト」を進めています。
県内の高校を対象に出前授業を行う全国で初の取り組みです。

(島原高校 原口里香教諭)
「なかなか難しい。資産形成とか投資信託とかあまりわかっていない理解できていないないところがあると思うがかみ砕いて説明して下さるとうなずいている様子もみられてよかった」

出前授業は先月末までに45校で実施し来年度以降、中学校などに拡大したい考えです。

県内でも関心が高まる「投資」。
一方で、SNSの広告を通じて投資を募り現金をだまし取るニセ電話詐欺も増えていて今年1月だけで5件、総額あわせておよそ1930万円の被害が確認されています。

LINEのやりとりから専用のアプリをインストールさせる手口で
県警は、芸能人や著名人を使ったSNS広告や利益だけを強調してリスクの説明がない勧誘などは詐欺を疑ってほしいとしています。

    • NIB NEWS NNN
    • 十八親和銀行 NISA口座数全国の地銀中4位 株価高騰で新NISA関心高く投資ブーム《長崎》