×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 岡田将生「家族みたい」 映画チームの存在を明かす 松坂桃李「お風呂につかっている感じ」

岡田将生「家族みたい」 映画チームの存在を明かす 松坂桃李「お風呂につかっている感じ」

2023年8月24日 6:10
岡田将生「家族みたい」 映画チームの存在を明かす 松坂桃李「お風呂につかっている感じ」
イベントに出席した岡田将生さん
俳優の岡田将生さん(34)が23日、主演映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』の完成報告会見に、共演する松坂桃李さん(34)と柳楽優弥さん(33)らと出席。作品チームの存在を“家族のようだ”と明かしました。

今作は、2016年放送の連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の映画化。“野心がない” “競争意識がない” “協調性がない” といわれることが多い“ゆとり世代” のアラサー男子3人の、令和となる現代の姿が描かれています。

会見では、“作品チームがどんな存在か?”を聞かれた岡田さんは「この言葉は間違ってないと思うんですけど、本当に家族みたいな。集まることが楽しいだけじゃなく、皆さんストイックにいいものを作ろうという感覚で集まっているのが、いい方向に向かっている現場だったので。会うと安心しますし、相談もしますし、ずっとそばにいてほしいなというチーム。なので家族という言葉にしました」と語りました。

続いて松坂さんも、同じように安心感があったといい「万全な態勢があるからこそ、妙な安心感というか、お風呂につかっている感じの温かさみたいな」と、安心感を例えました。しかし、共演者たちのピンときていない様子を察した松坂さんは「ちょっと間違えましたね」と照れ笑いし、会場を笑わせていました。