×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 横浜流星「今ボクシングを1から学んでます」 佐藤浩市とのダブル主演映画でボクサー役に挑戦

横浜流星「今ボクシングを1から学んでます」 佐藤浩市とのダブル主演映画でボクサー役に挑戦

2022年10月5日 21:45
横浜流星「今ボクシングを1から学んでます」 佐藤浩市とのダブル主演映画でボクサー役に挑戦
横浜流星さん
俳優の横浜流星さん(26)が2023年公開の映画『春に散る』で、佐藤浩市さん(61)と共に主演することが決定。撮影を前に2人がコメントを寄せました。

『春に散る』は、ベストセラー作家・沢木耕太郎さんの同名小説を映画化した作品。横浜さんが演じるのは、不公平な判定で負け、心が折れてしまったボクサーの黒木翔吾。佐藤さん演じる元ボクサー・広岡仁一と出会い、共に世界チャンピオンを目指す物語です。

クランクインを前に、横浜さんは「僕は人生を生きてく上で、一度しかない人生だから後悔しないように今を全力で生きようと心に刻み生きています。脚本を読んだ時、シンパシーを感じましたし、燃えつきることが出来ず後悔し、ボクシングしか無い人生の2人が出会い、もう1度命を懸けて挑戦する姿は心を揺さぶられました。ボクシングを出来ることや、監督、プロデューサーから熱い想いの綴った手紙を頂き、胸が高鳴り、出演したいと思いました」とコメント。

また、映画のためにボクシングを始めたという横浜さん。「今ボクシングを1から学んでますが、芝居と格闘技、心から好きなものを仕事でできる幸せを噛み締めながら、翔吾が言っていたように今しか無い一瞬の光を掴めるよう、燃え尽きます。2人の命を懸けた挑戦をする姿を見て、皆さんに何か挑戦する勇気を与えられたら良いなと思っています」とコメントを寄せました。

■佐藤浩市「泥舟だと判っていても…」

一方、佐藤さんは「生き様があっても生き方が見えない漢たちが,自身のこれからと最後を賭けて同じ船に乗る。例えそれが泥舟だと判っていても。世代が違うと異人種であるかのように距離を置く人達もいる昨今、世代を超え拳ひとつで明日の階段を登ろうとする漢たちの映画になると信じて臨みます」と熱い思いを明かしました。