日テレNEWS
経済
2016年11月16日 12:38

「103万円の壁」見直しへ 2案軸に調整

「103万円の壁」見直しへ 2案軸に調整
(c)NNN

 所得税の配偶者控除について政府・与党がパートで働く妻などの年収の上限を、現在の103万円から130万円か、150万円に引き上げる案を軸に調整していることがわかった。

 配偶者控除は「103万円の壁」とも呼ばれ、パートの主婦などの就労時間を抑制していると指摘されていて、政府・与党が来年度の税制改正で見直すことを検討している。

 軸となっているのは妻などの年収上限を引き上げ、130万円にする案と、150万円にする案。また、対象の世帯が増えることで国の税収を減らさないために、夫などの側に新たに年収制限を設ける方針。

 130万円に引き上げる案では、夫側が年収1320万円、一方、150万円の案では、夫側が年収1120万円を超えると配偶者控除の適用から外れる。