×

「東京ミッドタウン八重洲」大規模停電でも…ガスで発電 最新設備

2022年9月15日 17:05
「東京ミッドタウン八重洲」大規模停電でも…ガスで発電 最新設備

大規模停電の際にも電気の供給ができ、CO2の排出量も26パーセント削減できる。そんな最新の発電設備が東京の中心で今月から稼働を始めました。

日本の玄関口とされる「東京駅」の八重洲口で、17日から順次営業を開始する国内最大級のバスターミナルや「東京ミッドタウン八重洲」。その地下にあるのは、ガスを使って発電する設備です。

発電の際に発生する高熱の排ガスを再利用し、八重洲エリアで使う給湯や冷暖房に活用します。

東京ガスによりますと、従来のビルよりも、CO2をおよそ26パーセント削減できるということです。さらに、こんな利点も…。

東京ガス・緒方隆雄担当部長「こちらの設備は、ガスを燃料としているので停電しても発電することができます」

ガスによる発電のため、大規模停電の際にも停電を回避できることから、地域への電気の安定供給が可能だとしています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 「東京ミッドタウン八重洲」大規模停電でも…ガスで発電 最新設備