日テレNEWS
経済
2021年2月15日 19:06

株価3万円台回復 急ピッチ上昇に警戒感も

株価3万円台回復 急ピッチ上昇に警戒感も
(c)NNN

日経平均株価の終値は30年半ぶりに3万円台を回復しました。

15日の東京市場では、15日朝に発表されたGDP(=国内総生産)が市場の予想を上回っていたことなどから買い注文が広がり、平均株価は30年6か月ぶりに3万円を超えました。

アメリカで追加経済対策が進むとの期待や、企業の業績発表が好調だったことも背景に、上げ幅は500円以上となっています。

投資家「実感はないが、金が余っているというか」

投資家「コロナの中でお金の行き場所がないのかな?って感じ。あんまり上昇する理由は、そんなに景気がいいとは感じないので」

市場関係者は今後も上昇基調は続くとみていますが、株価は2月に入ってから2400円以上あげており、急ピッチでの上昇に警戒感も出ています。