×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 夏の風物詩に“値上げの波” 花火大会存続へ有料観覧席やクラウドファンディングも

夏の風物詩に“値上げの波” 花火大会存続へ有料観覧席やクラウドファンディングも

2023年7月11日 19:59
夏の風物詩に“値上げの波” 花火大会存続へ有料観覧席やクラウドファンディングも

物価高が夏の風物詩にも影響を及ぼしています。各地で花火大会が復活しますが、原材料費や人件費の高騰で予算が膨らみ、有料観覧席の設置やクラウドファンディングの実施など、新たな対策を打ち出し始めています。

    ◇

夏の風物詩、花火大会。群馬県伊勢崎市では、コロナ禍以前の規模での花火大会が復活します。8月6日に開催されますが、ある問題が浮上していました。

伊勢崎市文化観光課 田部井恵美子課長
「(花火の)打ち上げ費用の増加、人件費の増加、かなり全体的に多く支出されるものですから」

今年は大勢の人出が予想されるため、警備を強化します。その人件費や花火の薬剤の高騰で、去年に比べて費用が200万円増えたというのです。

伊勢崎市文化観光課 田部井恵美子課長
「今年初めてなんですけど、有料観覧席をもうけることにしました。同規模の花火を継続して見ていただけるよう、市としても努めていきたいと」

これまでは無料だった広場での観覧を今年初めて有料化し、大会の継続を維持していました。(2人席・8000円 4人席・1万6000円)

    ◇

福井県小浜市では、4年ぶりに夏祭りが復活します。一緒に開催される花火大会も、資金難に苦しんでいました。やはり、その理由は“物価高”でした。

若狭マリンピア実行委員会事務局 前野ありささん
「物価高の影響で、花火代が2割ほど値上がり」

今年は、花火玉の仕入れ値が2割ほど上昇。本来は8000発ほどを打ち上げたい花火ですが、“5000発が上げられるかどうか”と嘆いていました。

そこで資金を集めるため、今年、初となるクラウドファンディングを実施。目標金額は100万円で残り2週間を切っていますが、11日午後1時半時点でまだ6割ほどしか集まっていません。そのため、打ち上げ数が減るかもしれない危機に陥っています。

若狭マリンピア実行委員会事務局 前野ありささん
「そこ(5000発打ち上げ)も今、厳しい瀬戸際なので、クラウドファンディングで少しでも花火の数も上げられればなと」

    ◇

夏祭りの楽しみといえば、縁日です。ただ、そこにも値上げの波が押し寄せています。

ヤマギシ 松田朝子さん
「全体的な8割、9割以上が値上げの対象になったと」

一般の人も買うことができる縁日用品などを扱う卸問屋では、縁日用品など、実に8割ほどの商品を値上げしていました。

ヤマギシ 松田朝子さん
「お祭りなので、光ってパタパタするようなうちわ、2割くらい値段として上がっている」

今、光るおもちゃが縁日で人気ですが、光るチップの原材料が高騰し、仕入れ値が上昇。店頭価格を2割ほど値上げして販売していました。

自治会の夏祭り向けに、景品のおもちゃなどを選びにきた客は、7年前にこの店で買った際のレシートと見比べ、値上がりを実感していました。


「(7年前は)光るブレスレット400円が(今年は)550円になっていましたね。ちょっと大変だなって…」

    ◇

さらに、夏祭りの定番、金魚すくいの金魚も値上げしていました。

金魚を育て、全国に向けて販売している会社は、需要が回復する中での、仕入価格の上昇に頭を抱えていました。

やまと錦魚園 嶋田輝也代表
「円安とか生産コストかなり上がっているので、大変苦しいとこなんですけど、コロナ前よりも1割ぐらいの(販売価格の)値上げで抑えて頑張っている」

円安の影響で金魚のエサ代がコロナ前と比べて6割ほど上昇。自治体などに販売する価格は1割ほど値上げにとどめていました。