日テレNEWS
経済
2022年4月25日 16:42

日経平均514円安 米・アジア株価下落受け、売り注文ふくらむ

日経平均514円安 米・アジア株価下落受け、売り注文ふくらむ

25日の東京株式市場で日経平均株価は2営業日続けて大きく値を下げ、先週末比514円48銭安い2万6590円78銭で取引を終えました。

先週末のアメリカ市場では、金融引き締めが経済を冷え込ませるのではないかとの懸念で株価が大きく下落しました。

この流れを受けて、週明けの東京市場でも、取引開始直後から売り注文がふくらみ、平均株価の下げ幅は600円を超える場面もありました。

また、中国の新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が意識されたほか、中国・上海や香港などのアジア市場でも株価が軒並み下がったことも、東京市場の株価を押し下げました。

東証プライム市場の売買代金は、概算で2兆4584億円。売買高は、概算で10億1350万株。