×

昨夜一時1ドル=145円目前まで下落…24年ぶり円安ドル高水準更新し続ける

2022年9月8日 10:30
昨夜一時1ドル=145円目前まで下落…24年ぶり円安ドル高水準更新し続ける

円相場は7日夜、一時1ドル=145円目前まで下落しました。7日までのわずか2日間で4円以上下落し、24年ぶりの円安ドル高水準を更新し続けています。

円相場は、8日になっても1ドル=144円台半ばで推移していて、急速に進む円安に歯止めがかかる気配がありません。

7日夜の外国為替市場で、円相場は1ドル=145円目前まで下落し、7日までの2日間で4円以上の円安が進みました。

急速な円安が進む背景には、アメリカの景気が底堅く、「今後も利上げが続く」との観測が広がっていることや、今週、オーストラリアやカナダなどの主要国が相次いで大幅な利上げに踏み切りました。その中で、金融緩和を変えない日本の低金利がいっそう際立ち、円を売ってドルを買う動きが一段と進んでいます。

急速に進む円安について、政府・日銀の対応が注目されますが、鈴木財務相は7日、「継続するということであれば必要な対応を取る」と述べるにとどまっています。

市場関係者は「政府・日銀は動くことができず、この円安を阻止することは難しい」と話しています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 昨夜一時1ドル=145円目前まで下落…24年ぶり円安ドル高水準更新し続ける