日テレNEWS
国際
2014年11月8日 15:04

米、イラクに最大1500人を追加派兵

 アメリカのオバマ大統領は7日、イスラム国との戦いのため、最大1500人のアメリカ兵をイラクに追加派遣することを承認した。

 国防総省によると、この追加派遣でイラクに駐留する兵士はこれまでの2倍以上の2900人となる。アメリカ軍はイラク西部・アンバル州などに複数の訓練施設をつくり、イラク軍やクルド人の治安部隊への訓練や作戦の助言にあたるということで、地上での戦闘任務には参加しないとしている。

 またオバマ政権は7日、議会指導部に対し、対イスラム国の戦費として56億ドル、日本円で約6400億円の追加支出を認めるよう求めることを明らかにした。