日テレNEWS
国際
2016年2月24日 10:49

米長官 中国外相に人工島軍事化懸念伝える

米長官 中国外相に人工島軍事化懸念伝える
(c)NNN

 アメリカのケリー国務長官は23日、訪米中の中国の王毅外相と会談し、中国が南シナ海の人工の島に戦闘機を配備するなど軍事化を進めているとして懸念を伝えた。

 ケリー長官は中国が南沙諸島の人工の島に高性能のレーダー施設だけでなく戦闘機なども配備しているとして非難した。

 ケリー長官「ミサイル、戦闘機などが南シナ海に配備されている。これは(この地域を平和的に航海する)全ての国にとって深刻な懸念だ」

 戦闘機については、アメリカのフォックスニュースが、アメリカ政府関係者の話として、西沙諸島のウッディー島に、中国が2種類の戦闘機を派遣したと報じている。

 これに対し、王毅外相は、「中国の主権の範囲内」だとして反発した。

 王毅外相「もっと(アメリカの)ミサイル駆逐艦や戦略爆撃機など、毎日南シナ海に出没する先進的な兵器や装備に注目してほしい」

 一方、国連安保理の北朝鮮に対する制裁決議についてケリー長官は、「重要な進展があった」として米中間で詰めの協議が行われていることを明らかにした。また王外相も、「近く採択される可能性を模索している」と述べた。