日テレNEWS
国際
2016年4月16日 6:05

疑問視の声も…プーチン大統領の年収を発表

 いわゆる「パナマ文書」が流出し、各国の首脳らをめぐる疑惑が指摘される中、ロシア大統領府は15日、プーチン大統領の去年の年収について、約1450万円だったと発表した。

 課税記録に基づいたプーチン大統領の去年の年収は889万ルーブル、現在のレートで換算すると約1450万円だった。前年比で120万ルーブル以上増えているが、ルーブルが下落した影響で、日本円に換算した金額は300万円ほど目減りしている。

 プーチン大統領は「パナマ文書」をめぐる報道で、親しい友人が「タックスヘイブン」を利用した多額の取引に関与したと指摘されており、今回発表された年収が実態なのか、疑問視する声も出ている。