日テレNEWS
国際
2022年5月18日 14:10

ウクライナ側 退去兵士と捕虜の交換を希望

ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所では戦闘任務の終了を受けて、兵士の退去が続いています。ウクライナ側は捕虜のロシア兵との交換を求めていますが、ロシア側が応じるかは不透明です。

ゼレンスキー大統領「アゾフスタリ製鉄所からの避難作戦は、我が軍などの監督下で続いている」

ロシアの国営テレビの映像には、マリウポリの製鉄所を退去したウクライナ兵が映っていて、大きな荷物を抱えた兵士のほか、担架で運ばれる兵士の姿もみられます。

ロシア国防省は、重傷の兵士およそ50人を含む265人が投降したと発表しています。

ロシア兵「ポケットには何が入っている?」
ウクライナ側兵士「銃が入っていましたが置いてきました」

兵士らを乗せたバスはロシアの軍事車両に先導され、親ロシア派の支配地域に向かいました。ロイター通信は負傷したウクライナ兵を乗せたバスが少なくとも7台、製鉄所を出発したと報じています。

ウクライナ側は捕虜のロシア兵との交換を求めていますが、ロシアメディアはウクライナ兵を尋問すると報じていて、ロシア側が応じるかは不透明です。

製鉄所からの退去を受けて、アメリカのNBCは、「ロシアにとって、侵攻後初めてウクライナの主要都市を支配する勝利になった」と伝えています。