日テレNEWS
国際
2020年9月20日 12:25

タイで反政府集会 政府施設に向け行進

19日からタイのバンコクで続く反政府デモで、デモ隊は、20日朝から政府施設に向けて行進し、タブーとされている王室改革をあらためて求めることにしています。

学生らは集会で、プラユット政権の退陣や、非民主的な憲法の改正を求めた上で、王室の権限を縮小する改革を訴えました。タイでは王室批判を禁じる不敬罪があり、公に議論することはタブーとされています。

先月の集会で学生らが王室改革を求めた際、プラユット首相は「一線を越えている」と警告しています。

リーダー格の学生「いまこの国の君主制は過剰な権力を持っている。ここにいる全ての人は小さな変化ではなく根本的な変化を望んでいる」

学生らは、20日朝から政府の建物に向けデモ行進していて、警戒にあたっている当局との間で緊張が高まっています。