日テレNEWS
国際
2020年12月20日 16:48

スイス通常審査でファイザー等ワクチン承認

スイス政府は19日、アメリカ製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認したと発表しました。

ファイザーとビオンテックが共同開発したワクチンは、イギリスやアメリカですでに緊急使用が許可されていますが、スイスでの承認は通常審査によるもので、世界初だとしています。

2か月間に及ぶ審査では、全ての年齢層で高い効果を示し、最も多くみられた副反応はインフルエンザワクチン接種後のものと同様だということです。

まず10万回分が供給され、接種は無料ですが強制されません。政府は来月4日から、高齢者などに接種が可能になるとしています。