日テレNEWS
国際
2021年2月6日 9:00

米バイデン政権で初「航行の自由作戦」実施

アメリカ海軍は5日、中国が実効支配する南シナ海で艦船を航行させる「航行の自由作戦」を行ったと発表しました。バイデン政権では初めての実施です。

アメリカ海軍第7艦隊によりますと、5日、ミサイル駆逐艦「ジョン・マケイン」が南シナ海の西沙諸島周辺で「航行の自由作戦」を行いました。第7艦隊は声明で、「作戦の実施により、中国が合法的に領海だと主張できる範囲を超えていて、国際法と矛盾することを示した」としています。

「航行の自由作戦」は、中国などが行き過ぎた海洋権益の主張を行っているとして、国際法に基づき、航行を行い、その主張をけん制するもので、バイデン政権での実施は初めてです。