日テレNEWS
国際
2021年8月30日 16:19

バイデン大統領“地上部隊の保護最優先に”

アメリカ軍の撤退期限が31日に迫る中、情勢が緊迫しているアフガニスタンで30日、複数のロケット弾が空港に向けて発射されました。ミサイル防衛システムで迎撃されたということです。

ロケット弾は、アメリカ軍などが活動を続けている首都カブールの空港に向けて発射され、ロイター通信は5発だったと伝えています。ミサイル防衛システムで迎撃したということで、ケガ人がいるかなど詳しいことは分かっていません。

このロケット弾の攻撃についてホワイトハウスは、バイデン大統領が安全保障担当チームから報告を受けたと明らかにしました。バイデン大統領は、地上部隊の保護を最優先に行うよう指示したということです。

カブールでは日本時間の29日夜、アメリカ軍が爆発物を積んだ車両を無人機で空爆しています。過激派組織「イスラム国」の傘下の組織による空港への差し迫った脅威を取り除くためだったということですが、アメリカのCNNは、子ども6人を含む家族9人が巻き込まれ死亡したと伝えています。

カブールの空港では、31日のアメリカ軍の撤退期限を前に活動が続いていて、緊迫の度合いが増しています。