×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 国会 “育休中の学び直し”めぐり野党が追及 翔太郎秘書官が公用車で…お土産は「閣僚ほか関係者に」

国会 “育休中の学び直し”めぐり野党が追及 翔太郎秘書官が公用車で…お土産は「閣僚ほか関係者に」

2023年1月30日 20:52

国会では30日、岸田首相の「育休中の学び直し」発言をめぐり、論戦が繰り広げられました。また、秘書官を務める息子の翔太郎氏が公用車を使い、お土産を購入していたことをめぐり、新たな事実が明らかになりました。

    ◇

「異次元の少子化対策」を掲げる岸田首相。30日、野党は、“岸田首相が育児の実態を理解しているのか”を質しました。

立憲民主党 山井和則議員
「リスキリング(学び直し)についてでございます」

発端は27日に行われた参議院の代表質問でした。

自民党 大家敏志議員(27日)
「たとえば、リスキリングと産休・育休を結びつけて…」

スムーズな復職のため育休中にリスキリング(学び直し)をする親への支援を聞かれ、“後押しする”と表明したのです。

岸田首相(27日)
「育児中など様々な状況にあっても、主体的に学び直しに取り組む方々をしっかりと後押ししてまいります」

しかし、子育て世代を中心に「育児に手がかかりすぎて、学ぶ時間はない」などと批判が噴出しました。

立憲民主党 山井和則議員
「岸田総理、やっぱりこれ、認識ずれすぎているんじゃないですか」

岸田首相
「私の答弁の部分は、本人が希望した場合には、それにしっかり応援できる、後押しできる、こうした環境整備を強化していくことが重要だということを申し上げました。育休・産後を決して甘く見るということではない、ということはご理解いただきたい」

立憲民主党 山井和則議員
「やはり、育休中の学び直しは事実上、困難だと、そういう認識でよろしいですか」

岸田首相
「大変難しい状況にある、大変な負担であるということは、十分認識しております」

    ◇

質問は、岸田首相の長男で秘書官を務める翔太郎氏についても、及びました。

立憲民主党 山井和則議員
「事実関係として、翔太郎秘書官はバッキンガム宮殿・ビッグベン・ハロッズに行かれましたか」

今月、欧米歴訪に同行した際、公用車で観光や土産物の購入をしたと週刊誌に報じられていました。外務省は“従来、随行者の訪問先は公表していない”とした上で、“個人の観光は一切なく、土産物の購入は岸田首相の政治家としての活動のため”と説明しました。

立憲民主党 山井和則議員
「公用車で大使館の方がついて、お父さんの総理大臣のお土産を買う。これ、税金でやるべきことかなと。岸田総理、差し支えなかったらそのお土産、どういう方にあげられたんですか」

岸田首相
「土産を誰に送ったか、ということでありますが、内閣の閣僚ほか、関係者に土産を買っております」

閣僚などへのお土産を購入していたことを明らかにしました。野党は、大使館の車や職員を使って土産を買うのは、防衛増税を国民に求める岸田政権として不適切だとして、追及する構えです。