日テレNEWS
政治
2013年1月9日 0:52

小野寺防衛相、就任後初めて沖縄訪問へ

 小野寺防衛相が15、16日の2日間、就任後初めて沖縄県を訪問する方向で調整していることがわかった。仲井真知事らと会談し、こう着化している普天間基地(沖縄・宜野湾市)の移設問題について意見交換したい考え。

 安倍政権は、日米合意に沿って普天間基地の沖縄・名護市辺野古への移設を前進させたい考えだが、新型輸送機「MV22オスプレイ」の配備やアメリカ兵による事件が相次いでいることなどから、県民の反発が強まっている。

 また、先の衆議院選挙で「普天間の県外移設」を掲げた複数の自民党議員が沖縄県で当選したこともあり、安倍政権は名護市辺野古への移設に向けた埋め立て申請について提出時期を慎重に見極めている。