日テレNEWS
政治
2015年11月14日 2:10

ISS予算「科学的成果、厳格に審査を」

ISS予算「科学的成果、厳格に審査を」
(c)NNN

 国の予算の無駄遣いを検証する「行政事業レビュー」は最終日の13日、ISS(=国際宇宙ステーション)に関連する予算などが取り上げられた。

 ISSには、毎年約400億円、これまでにトータルで8000億円を超える国費が投入されている。

 河野行革担当相「8000億円近いお金が累計で投下されて、果たしてそれに見合ったリターンがあったのか」

 宇宙飛行士・星出彰彦さん「宇宙開発とは何かというと、私の中では、未来への投資ではないかと思っております」

 また、宇宙飛行士の若田光一さんは「日本の技術は費用対効果が非常に高い。日本の技術を生かして先に進める必要がある」と説明したが、「予算に見合った科学的成果があったかどうか、厳格に審査すべき」との結論が出された。

 3日間続いたレビューは13日で終了し、今月末には結果が取りまとめられる。検証結果を実際の予算に反映させる強制力はないが、河野行革担当相は今回対象となった事業について、議論を続ける考えを示した。